冬の贈り物

Rev.01 枚数: 10 枚( 3,735 文字)

<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
「ごめんなさい。こんなところに呼び出して。実は、クリスマスプレゼントを受け取って欲しいの。みんなの前じゃ恥ずかしくって。はい! これ! メリークリスマス! えへへっ、実は、手編みの全身タイツなのっ! 頑張って編んだから絶対着てね!」

 それだけ一方的に言って、巨大な包みを僕に押し付けると、彼女は去っていった。
 隣のクラスの、えーっと、八神さん?



 僕がクラスに戻ると、ちょっと注目を浴びた。かわいいラッピングだが巨大な包み。
 日頃絡みがなければ聞けたもんではないが、そうでないなら話は別だ。

「おいおい、穏やかじゃねーなー。女子に呼び出されて出て行ってプレゼント抱えて戻ってくるたぁ」
口火を切るのは、いつだって戸部だ。
「リア充になっても友達を見捨てたりしないよなぁ?」
リア・非リアに一番こだわってるのは入谷だ。
「えっ? なになに? 告白されたの?」
勘違い・早とちりが多いのは、葉谷河だ。
「告白なんかされてないよ。ただ、クリスマスプレゼントをもらっただけだ」
僕はわざとウンザリという感じを出して言った。
「ほぅ? プレゼント?」
疑うように戸部。
「タダより高い物はない」
分かったような顔で入谷。
「見返りを求めていないと思うのかね?」
名探偵を気取るように葉谷河。
「話を面白くしようとしてもムーダッ!」
僕は話を終わらせようとした。
「で、誰にもらったの?」
戸部には伝わらなかったようだ。
「A組の八神さん」
「A組にそんな人いたっけ?」
入谷にも伝わらなかったようだ。
「いや、体育はA組と合同だろ? 女子の様子が見えることもあるじゃん! そんとき、いつも1人で離れて立ってるちょっとかわいい感じの子が……」
「ほぉう? 聞いたかね? 諸君?」
どうやら何かが葉谷河様の気に障ったらしい。
「彼も彼女に好意を抱いていた……と」
戸部が拳を固める。
「なんだよ。時間の問題じゃねぇか」
入谷がシャドウを始める。  
こ、この空気を爆破できる威力のある物は……1つしかない。
「ところで、僕が何をもらったと思う?」
「なんだなんだ? あからさまにはぐらかす気か?」
葉谷河が言ったが、
「いや、ちょっと待て、その包みデカ過ぎないか?」
戸部が冷静に指摘する。
「確かに、一番かさばると言われる手編みのセーターだって、その半分以下じゃないか?」
入谷も包みの巨大さの異常さ加減に気付いた。
「お前一体、何をもらったんだ?」
葉谷河が聞いた。
僕は3人を手招きして十分近づいたのを確認して小声で言った。
「手編みの全身タイツ」
3人の耳に音声が届いてから、意味のある言葉に変換され、それを脳が受け入れるまでに、しばし時間がかかった。おかげで僕は包みを3人から守る位置に移動することができた。
一拍の静寂ののちに笑い転げる3人。そして、その後は案の定「着て見せろ!」の大合唱だった。
僕は、「1人で開けたい」「ウチで1人で着たい」を繰り返し、「必ず自撮りをLINEで送る」と約束して逃げるように下校した。



 ウチに帰り、まっすぐ自分の部屋に入ると、はやる心を抑えつつ丁寧に包みを開けた。そこには、小山のような毛糸の山があった。グリーンだった。全身タイツと言えば黒だろ、と独り言ちてから、そこじゃない! と自分にツッコむ。
 手に取ってみると、果たしてそれは、まがうかたなき全身タイツだった。これでもう逃げることは出来ない。
 僕は、制服を脱ぎ、下着だけになると、手編みの全身タイツを着てみた。
 まず、フィット感が物凄い。手足の長さ、胴の長さ、胴回りなど言うまでもない。
 腕のどの部分をとっても加わる圧が一定で丁度良く心地良い。もちろん四肢体幹どこを取ってもそうなのだ。
 これはもう、1回僕の身体のシリコン型を取ってレプリカを作ったんじゃないかと思うほどの正確さである。
 しかし、これは、温い、気持ちいい、なんだこれ?

 その瞬間、急に部屋のドアが開いた! 母さんだった。母さんがドアノブを持ったまま硬直している。僕は何か言おうとしたが、母さんはスーッとドアを閉めて行ってしまった。
 僕は、すぐに追いかけようかと思ったが、何を何と言ったものか全く見当がつかず、追うことができなかった。
 しかし、すぐにまたドアは開き、妹と母さんと婆ちゃんが雪崩れ込むように入って来た。そして、僕をじっと見て、今度は3人とも大爆笑した。



 翌日の朝、いつも通りに登校すると、珍しく戸部、入谷、葉谷河の3人が登校していた。
 それだけでも十分不吉なのに3人とも変に自慢げなのである。

「どしたん? 3人とも」
僕は不安に耐え切れず質問した。
「調査報告1.あの女、精神科の病院に通っているらしい」
口火を切るのは安部の仕事だもんなぁ。
「調査報告2.あの女、いつも飴舐めてて、授業中にも舐めてて、よく先生に注意されてるらしい」
ああ、お前は規則にもうるさいんだったなぁ、入谷。
「調査報告3.あの女、学校でも全身タイツ編んでたらしくて、『花京院』とか、『ハイエロファントグリーン』とか呼ばれて気味悪がられてたらしい」
お前は、要らん情報ばっかり集めるよなぁ、葉谷河。
「他には?」
僕の声が少し低くなってることになんか誰も気づきやしない。
「まぁ、ぼっちらしいね」
「クラスの人に八神さんって言っても、一発で話通じなかったり」
「情報集めるの苦労したんだぜぇ」
「で、だ!」
黙れ! という代わりに、そう語気荒く言った。
「お前たちのそういった行動を八神さんは知っているのか?」
さすがに黙り込む3人。
「どうなんだよ!」
「特に配慮はしていない」
こんな時でも口火を切ってくれるんだな、戸部。
僕は教室を飛び出した。



僕はA組に駆け込むと、手近にいた女子に、
「八神さんは?」
と聞くも分からないらしい。
 そんなことを4,5回繰り返していると、2,3人の女子から、八神さんが泣きながら教室から出て行ったという証言が得られた。でも、どこに行ったかは分からないという。



 はてさて一体どうしよう?

 いや、ちょっと、待てよ!

 その前に、一体どうしたいんだ? 俺?

 もし、運よく見付けて、それで、なんて声かけんの?

 だいたい、八神さん、校内にいるの? 校外にいるの?

 だいたい、話したのだって、クリスマスプレゼントもらった時が、ほぼ初めて……?



 気が変わった。泣いてる女、ほっとくなんて男じゃねーぜ!

 会えなきゃ縁が無かったんだ。会えればきっと縁があるんだ。

 いくぜ!



 とりあえず、自転車で砂浜についた。砂浜に下りる階段の近くに自転車を置き、砂浜を見渡す。
 砂浜にしゃがみこんでいる人影が見える。頭が確信を持つよりも早く心拍数が跳ね上がる。
 駆けて行きたいが、ゆっくりと近づく。ほら、やっぱり君だ。

「寒くないかい?」

 そう言って彼女に制服の上着をかける。彼女はこちらを見ようとしない。

「寒くないかい?」

 再び、僕が言うと、

「寒かったらどうすっていうのよ?」

 君が言うそばから、カチャカチャと僕がズボンを脱ごうとする音。
 
「ちょっと! ズボン脱いでどうする気よ?」

 慌てて振り向いた君の瞳に移るのは、全身タイツを着た僕。

「何やってるの? 馬鹿じゃない?」

「馬鹿がここに来れるかな?」

「……どうしてここだってわかったの?」

「1回だけ、2人で一緒に体育を見学したときに君が、『ウチの砂場は体育も陸上部も使わないからカッチカチで草まで生えてる。ちゃんとした砂場に行きたい』って言ってたから」

「覚えてたんだ」

「2人の思い出だからね」

彼女は嬉しいようなはにかんだような表情を見せてくれたけど、すぐにそれは陰りを見せた。

「あいつらに色々きいたんでしょう?」

「ああ、君も大変だね。向精神薬は副作用でとても口が乾く。場合によっては喋ることもままならないほどに。対策としては飴を舐めるのが有効だ。あと、1つのことに集中しだすとそればかりやったり。あと、他人との距離の取り方が上手く取れなくて友達が出来にくかったり……」

「どうしてそれを……」

 僕は右手をスッと差し出して、

「お嬢様、お手をどうぞ」

と言った。
 彼女がおずおずと手につかまる。
 彼女が立ち上がるのに合わせて、思い切り手をグイッと引くと顔と顔が急接近した。
 その瞬間、彼女の耳元で、

「目を閉じて」

 と囁いた。
 彼女が目を閉じると、僕は両手を握り拳にして、彼女の両耳のちょっと上、頭蓋骨の出っ張っているところを両の拳で両側からギリギリと押した。

「痛い痛い痛い痛い痛い」

当然、痛がる彼女。

「ちょっと痛い。なんなのこれ?」

「これは『うめぼし』という対お子ちゃまおしおき技だ」

「痛い痛い痛……」

僕はうめぼしを極めたまま彼女の唇に唇を重ねた。
そして、唇を重ねたまま、今度は彼女を抱きしめた。
彼女も僕を抱きしめてくれた。
唇を離して僕は言った。

「僕と付き合ってください」

「順番逆じゃない?」

「うるさいよ。僕みたいなんじゃなきゃ、君の相手なんざ務まんねーよ」

「……それもそうだね」

「んじゃ、よろしくお願いします」

「初詣行こうね!」

「その前にもっとデートしますぅ」

「えーっ! 本当? 夢みたい!」

「夢じゃねー証拠に手ぇつないでかえるぞ」

「きゃー! 触れるー! あったかーい!」

「………………」

「……………………」

<了>
でんでろ3 TQMpo4XW8.

2018年12月30日 05時24分37秒 公開
■この作品の著作権は でんでろ3 TQMpo4XW8. さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
◆テーマ:冬の贈り物
◆キャッチコピー:手編みの全身タイツが結ぶ恋
◆作者コメント:初め冒頭のセリフをふざけて書いただけでした。でも、書き足していくうちにマジな部分や決断する部分も出て来ました。まじなところはマジに書いてます。

2019年01月23日 21時14分51秒
+40点
2019年01月19日 18時20分30秒
作者レス
2019年01月19日 18時11分46秒
作者レス
2019年01月19日 18時06分02秒
作者レス
2019年01月19日 17時57分42秒
作者レス
2019年01月19日 17時52分14秒
作者レス
2019年01月19日 17時47分51秒
作者レス
2019年01月19日 17時42分04秒
作者レス
2019年01月19日 17時37分03秒
作者レス
2019年01月19日 15時13分19秒
作者レス
2019年01月19日 15時06分27秒
作者レス
2019年01月19日 02時54分11秒
作者レス
2019年01月13日 23時36分27秒
+10点
2019年01月13日 23時23分35秒
+10点
2019年01月13日 20時01分44秒
0点
2019年01月13日 18時56分11秒
+10点
2019年01月12日 22時19分07秒
+10点
2019年01月12日 21時18分59秒
+20点
2019年01月10日 23時17分16秒
+10点
2019年01月04日 14時42分35秒
0点
2019年01月02日 23時28分38秒
0点
2019年01月01日 11時24分45秒
+30点
2018年12月31日 05時52分06秒
0点
合計 12人 140点

お名前(必須) 
E-Mail (必須) 
お知らせメール受信 受信しない受信する
-- メッセージ --

作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)   トリップ  

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
E-Mail pass